ピッキングから解放された!?薬剤師は対人業務の時代へ


患者・医師とのコミュニケーションが更に重要視される

2019年4月2日の厚生労働省通達により、薬剤師の指示があることを条件に調剤事務職員によるピッキング(錠剤の取り揃え)業務が合法化されました。これまでグレーゾーンとされてきた業務の解禁と取れる一方、薬剤師にとっては更に対人業務が重視される時代に変わったといえます。

調剤の準備業務から解放された分、患者や医師等と接する時間が増えるからです。かかりつけ薬局機能が進化する中、患者とのコミュニケーションでは生活習慣やサプリ等の使用状況を把握するといった横断的観点や、疑義照会等を通じて医師との情報交換を強化することが求められ、認定・専門薬剤師の登録も加速することでしょう。したがって、最新の症例情報を積極的に収集したり、患者に応じた言葉遣いを研究したりなどの向上心が薬剤師には必要だといえます。

積極的な残薬管理も求められる

残薬が発生する理由の一つとして、薬自体への疑問や副作用を医師に質問できず、患者が薬を飲み控えていることが考えられます。病名を確定して治療方針を立てるのが医師の役割である一方、処方内容の妥当性を精査し適切な服薬指導を行うのが薬剤師の役割です。薬物療法では薬剤師が患者にとって「最後の砦」といえるため、残薬イコール飲み忘れという発想をせず、「薬を利用できていない背景」に着眼した業務スタンスを持つ必要があります。処方を変更して欲しいという医師への依頼を、患者に代わり薬剤師が行う場面もあるわけです。調剤報酬でも、その点が評価されています。

薬事法の改正によって医薬品を取り扱えるお店が増えています。そのような医薬品の販売に必要な薬剤師のシニア求人も多くあります。正社員や契約社員、パートなど様々な形態で求人が出ています。