ドライバー求人を選ぶときにはどこに注目すべき?


採用後のドライバー教育に力を入れている企業を選ぼう

ドライバーの求人数は、慢性的な人手不足の影響もあり年々増加傾向にあります。そうした中、長く働ける企業を見つけるために、早いうちから求人サイトを使って採用後のドライバー教育に力を入れている企業の取り組みについて調べることがおすすめです。最近では、大手の運送会社をはじめとして、新規採用のドライバーの定着率を高くするために、先輩のドライバーがマンツーマンで研修を行ったり、業務のマニュアルを完備したりするところも増えています。また、大型免許などの取得費用のサポートをしている企業も少なくなく、初めてドライバーの仕事に挑戦をする人にとって好ましい環境となっています。

ドライバーの各種手当が充実している企業がおすすめ

トラックドライバーとして一つの会社でしっかりとキャリア形成をしたい場合には、待遇面が優れている企業を探すことがおすすめです。例えば、早朝や夜間などの勤務の際に高額な手当が支払われる企業については、安定収入を目指している求職者にとって、魅力ある就職先として捉えられています。また、勤続手当や勤勉手当などを新しく用意したり、手当の支給条件を明確にしたりしている企業も増えており、様々な立場のドライバーがやりがいを感じながら働きやすくなっています。なお、手当の種類や金額については、ドライバーの経験や勤務実績だけでなく、各企業の経営方針や経営状況などにも大きく影響を受けることがあります。そのため、勤務先を選ぶにあたり、なるべく将来性のある企業を見極めることがポイントです。

ドライバーの求人は、路線バスやタクシー、長距離トラックなど様々な種類があり、経験が少ない人や年齢が高い人もチャレンジしやすい状況となっています。