工場勤務は部署で大違い?仕事内容の違いを学ぼう!


工場の仕事は製造だけに限らない

工場は製品を大量に製造する現場のイメージがあるため、工場勤務と聞くと生産ラインでの単純作業を連想しがちです。しかし、工場の多くは製品の製造や加工以外に梱包や発送、更には工場の稼働調整やデータ管理に関わるデスクワークなど多彩です。そのため、同じ工場でも所属する部署によっては別の会社のように全く異なる仕事を行うことも珍しくありません。工場の仕事は大きく分けると製品の製造や加工、原材料や出来上がった製品の保管や発送、工場全体の管理の三種類に分かれます。工場の仕事はいずれもこの三種類に関係するので、自身が所属する部署の大まかなグループの内訳を把握するのが業務を円滑に進めるための心得です。

機械や車両の操作は安全第一が基本

工場での仕事のうち、機械や車両の操作は特に安全を重視する必要があります。工場の機械は強い力で作動させている物が多いため、人の体が巻き込まれると重大な事故を引き起こすおそれがあります。車両の操作も同様に、些細な不注意が事故に至ることも珍しくありません。機械や車両の操作は工場ごとに安全管理マニュアルが作成されているのが普通なので、仕事が忙しいなどの理由があったとしても決して手順の省略や手抜きを行ってはいけません。機械や車両の操作は作業に慣れたベテランが行うのが普通です。中には操作するのに専用の免許が必要な物もあるので、仕事に従事する際には必要な免許を予め取得しておくことで所属部署の選択肢を増やすことが出来ます。

イカイアウトソーシングの公式サイトはこちら