寮完備工場求人の自社寮と借り上げ社宅の違いについて


自社寮ってどんなところ?

自社寮とは、会社が土地も建物も所有している寮のことです。所有社宅ともいいます。大きな会社は自社寮を持っていることが多いです。場所も勤務先の近くに建てられていることが多く、通勤が楽になります。必要最小限の家具は備え付けられており、家具家電を購入する費用が抑えられます。入居時の敷金礼金もなく、寮費も格安であることが多いです。中には水道料金、電気代も寮費に入っている場合もあります。

自室は1人もしくは2人で、プライベート空間は確保されます。共有部分は会社によって違います。寮母と呼ばれる寮の管理人が常駐している寮は、玄関・お風呂・炊事場・洗濯場が共有であることが多いです。炊事に関しては、食事提供付きと共有の炊事場で自炊タイプと、自室のキッチンで炊事タイプに分かれます。自室にシャワーがあるのか、洗濯やお風呂のルールはどうか、門限はあるのかなどについてもよく確認が必要です。

借り上げ社宅ってなに?

借り上げ社宅は、社員の住まい用として会社が賃貸契約し、社員に貸し出すものです。マンションやアパートの一部分を借りる「部分借り上げ」と、全棟を借り上る「全棟借り上げ」があります。会社が長期契約をしているので、住み始めの敷金礼金が必要ありません。寮とは違い、家具家電を自分で用意します。光熱費も自分で支払います。社宅費用が給料から引かれるため、住宅手当よりも税金や社会保険料が上がらないのでお得です。もちろん社宅費用は通常の家賃より補助があるので安くなります。

部分借り上げは、普通のアパートのように暮らすことができます。全棟借り上げの場合は、住んでいる人が全員同じ工場の人なので寮と同じような雰囲気になります。

大阪の工場の求人を探したい場合は新聞広告やその折込チラシを一度チェックしてみる、という方法があります。